換気扇の掃除は、つい後回しにすることが多くなりがちです。

 

料理の頻度にもよりますが、気づくとすごいベトベトした汚れがついていませんか?

 

それを見て愕然となり放置してしまう方も多いはずです。

 

換気扇の掃除にいい方法はないか・・・。

 

そういう場合は、換気扇の掃除が楽になる「セスキ炭酸ソーダ」を使った方法をおすすめします。

 

そこで、セスキ炭酸ソーダの特徴や作り方を知ってもらい、セスキ炭酸ソーダを使った換気扇掃除のやり方を紹介していきます。

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダとは?

最近巷で話題になっている洗剤、セスキ炭酸ソーダの特徴をこれから説明します。

セスキ炭酸ソーダの特徴

  • 炭酸ナトリウム重曹という2種類の塩が一定の割合で結合した化合物なので、炭酸ナトリウムと重曹の性質を足して2で割ったような性質を持ちます。
  • 水に溶けやすく25度1%の水溶液だとpH9.8という弱アルカリ性です。ちなみに炭酸ナトリウムはpH11.2で、重曹はpH8.4です。
  • 穏やかなアルカリ剤なので、シルクやウール、コットンなどのクリーニング剤に用いられたり、入浴剤や家庭用洗剤に配合されていたりします。
  • サラサラの結晶状態で扱いやすいです。常温で長期保存できます。
  • 重曹より水に溶けやすく、炭酸ナトリウムより手荒れしにくいです。
  • 無機物で合成洗剤より早く分解し自然環境に優しいです。

セスキ炭酸ソーダの得意分野と不得意分野

<得意な分野>

  • 垢・皮脂・汗(Yシャツの襟汚れ)や、血液(布製ナプキン)の洗濯や重度の油汚れの下処理
  • キッチンのベタベタ汚れ(ガスコンロ、換気扇、オーブンレンジなど)
  • ドアノブや器表面の手垢汚れ

<不得意分野>

  • 靴下、スポーツのユニフォームなどのすごい泥汚れ
  • 機械油とか、口紅とかの頑固な油汚れ
  • 洋服のシミ

セスキ炭酸ソーダの作り方

ドラッグストアやホームセンターにはセスキ炭酸ソーダ(粉)が売られています。通販サイトでもセスキ炭酸ソーダは購入できます。

その粉を小さじ1杯に対し水500mlで溶かした水溶液をスプレー容器に入れて使います。濃度は汚れの度合いにより加減していいようです。

 

セスキ炭酸ソーダのスプレーを作るのが面倒だなと思う方は、すでにスプレーになっているものが売られています。

泡タイプのスプレーも出ています。

さらにキッチン用ウェットシートタイプも出ています。

スポンサードリンク

セスキ炭酸ソーダを使った換気扇の掃除のやり方

日常の換気扇の掃除

手荒れが心配な方はあらかじめゴム手袋をしましょう。

  1. 換気扇の電源プラグを外し、外枠を外します。
  2. 換気扇に、モーター部分やアルミニウム製の部分は避けて、先ほどの濃度で作ったセスキ炭酸ソーダスプレーを吹きかけます。
  3. 吹きかけたところの汚れが浮いてきたら雑巾などで拭き取ります。拭いた後は水拭きします。
  4. 外枠をはめて元に戻します。

<汚れがひどい場合>

  • 換気扇にスプレーしてしばらく時間をおいてから拭き取ってみましょう。
  • キッチンペーパーにスプレーを吹きかけたものを汚れのひどい部分に置きパックします。しばらく時間をおいてから拭き取ります。
  • 先ほどのスプレーより高濃度のスプレーを作り、換気扇の汚れのひどい所に吹きかけます。そして拭き取り、水拭きします。

大掃除のときの換気扇の掃除

大掃除のときは日常の掃除より念入りにしますよね。

  1. 電源プラグを外し外枠を外し、羽根の部分やフィルターなど、外せる所は出来るだけ外します。
  2. その外した部品をセスキ炭酸ソーダ水につけおきします。
  3. しばらくしてからその部品をすすいで乾かしてから元に戻し取り付けます。

セスキ炭酸ソーダを使って掃除した方

実際にセスキ炭酸ソーダを使って換気扇掃除をした方の写真やコメントを紹介します。

重曹やクエン酸は使ったことがあり、セスキ炭酸ソーダは初めて使用した方のキッチンです。新品みたいにきれいですね。

 

お店の換気扇もセスキ炭酸ソーダ水できれいにしたのですね。ヤニやホコリもきれいにしてくれるのはすごいです。

 

換気扇がセスキ炭酸ソーダ水入りの鍋で煮こまれている写真のインパクト強いですね。これなら手も汚れませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今回、換気扇の掃除にはセスキ炭酸ソーダがいいという特集をしました。

 

そもそもセスキ炭酸ソーダとは何かというと、今テレビや雑誌でもお掃除大好きタレントや掃除の専門家がここぞと進めているお掃除アイテムです。

 

セスキ炭酸ソーダより前には重曹が注目を集めていた時代がありました。

 

その重曹と炭酸ナトリウムという2つの塩を結合させた化合物で両者の性質のいいとこどりした物質です。

 

弱アルカリ性であるセスキ炭酸ソーダは得意分野と不得意分野があり、キッチンの油汚れを落とすのは得意なのです。

 

ですから換気扇の掃除にはセスキ炭酸ソーダを使うと効果的なのです。

 

そのセスキ炭酸ソーダ(粉)はわりとドラッグストアやスーパーにも売っており、手に入れやすいと思います。

 

その粉を基本は小さじ1杯に対し水500mlに溶かしてスプレー容器に入れて使います。

 

換気扇の汚れているところに吹きかけてしばらく時間をおいたら拭き取ってみてください。

 

するっと頑固そうな油汚れが落ちるはずです。

 

それでも落ちない汚れにはもっと濃度の濃いセスキ炭酸ソーダ水を作って吹きかけるか、キッチンペーパーにそのセスキ炭酸ソーダ水をしみこませたものをパックさせるか、つけおきするなど色々と工夫できます。

 

興味のある方は是非セスキ炭酸ソーダ水を試しに使ってみてください。きれいになった換気扇はとても気分がいいですよ。