毎年バレンタインの季節になるとどんなプレゼントを渡せばよいか迷いますよね。特に渡す相手が父親の場合、ますます迷いませんか?

 

そして甘いモノが苦手な方の場合は代わりにどんなモノをプレゼントすればよいのでしょうか。

 

今回、父親のことを考えて選んだプレゼントの具体例を紹介します。

 

またバレンタインの定番を紹介します。そして、もし甘いモノが苦手な方にも喜んでもらえるようなおすすめのプレゼントを紹介します。

スポンサーリンク

プレゼントは父親のことを考えて選ぶ!

バレンタインで父親に渡すとき、家族だからこそどんな物を送ればよいのか悩んでしまいますよね。

 

せっかくプレゼントするのだから父親に喜んでほしいですよね。

 

そこで父親に喜んでもらうには、父親の趣味やハマッている物や事をリサーチしましょう。そしてリサーチした事にマッチしたモノをプレゼントしていきます。

 

例えば、お酒が好きな方には、美味しそうなお酒やお酒に合うおつまみなどを送るのはどうでしょう。

 

グルメの方なら地方の特産品などはどうでしょうか?

 

あとおしゃれが好きな方には難しいですが、その方に似合いそうなアイテムを送るのはどうでしょうか?

 

さらに喜んでもらえそうなプレゼントには、父親が欲しいけど「自分で買うのはちょっとなぁ」と躊躇しているようなモノをリサーチしてみましょう。

 

あまりにも豪華な物だとこちらもためらいますので、小物系でプチ贅沢できるような物をリサーチしてみるのもいいかもしれません。そんな前から欲しかった物を子供からもらえたら大喜びしてくれます。

 

父親についてリサーチしても、趣味や欲しい物がわからなかった場合は、スペシャル感のある物をプレゼントします。

 

例えば父親のイニシャルや名前がつけられた物だったり、父親の生まれ年のワインだったり、ワイシャツのオーダーメイド仕立て券をあげたりできます。

 

また、バレンタイン用のスペシャルランチやスペシャルディナーを催しているレストランで、家族団らんで食事するのも良い思い出を作れると思いますよ!

 

さらに日頃、父親に対する感謝の気持ちをメッセージカードに書いて渡せば、父親から喜ばれること間違いなしだと思います。

 

手紙は真心が伝わりやすいアイテムです。普段照れくさくて口で言えないことも、手紙に書いたら素直な気持ちが表現できると思います。世界中で一つだけの特別なプレゼントになります。

 

あと、変わり種系では様々な種類のハート型の煎餅だったり、生地にカカオが練り込まれた煎餅だったり、チョコレートでコーティングされたおかきなどもあったりします。

バレンタインはチョコやスイーツがやはり人気!

やはりバレンタインといえばやはりチョコレートやスイーツが人気です。

 

例年、チョコを手作りする人向けの材料が販売されたり、ブランドチョコレートや変わり種チョコ、チョコレート以外のスイーツも販売されています。

 

正月が過ぎると百貨店やスーパー、通販サイトでもバレンタインが特集され、ものすごい種類のチョコレートやスイーツ、チョコレートから派生した商品が販売されます。

 

例えば2017年で販売されていたブランドチョコレートには次のようなものがあります。

  • 「GODIVA(ゴディバ)」
  • 「ROYCE’(ロイズ)」
  • 「Lindt(リンツ)」
  • 「Morozoff(モロゾフ)」
  • 「Goncharoff(ゴンチャロフ)」
  • 「THEOBROMA(テオブロマ)」
  • 「Leonidas(レオニダス)」
  • 「DEMEL(デメル)」
  • 「Galler(ガレー)」
  • 「DALLOYAU(ダロワイヨ)」
  • 「PIERRE MARCOLINI(ピエールマルコリーニ)」
  • 「PIERRE HERME PARIS(ピエール・エルメ・パリ)」

上記のブランドではチョコレート以外の洋菓子も展開していたりします。

 

手作り派の方には初心者でも無難に作れる手作りキットだったり、クーベルチュールやチョコレートのシリコン型や、ラッピング材料まで、たくさんの商品が販売されています。

 

また某有名なレシピサイトでもバレンタイン特集が組み込まれ、チョコレートに関係するスイーツづくりのレシピが急増します。

スポンサードリンク

甘いものが苦手な父親におすすめのモノは?

バレンタインと言えばチョコレートが真っ先に思い浮かびますが、男性の中には甘いモノが苦手な方も少なからずいらっしゃいます。

 

もし父親が甘いモノが苦手だった場合、どうすればよいのでしょう。大丈夫ですよ!最近のバレンタインは洋菓子屋だけが盛り上がっているわけではないのです。

 

例えばお酒が大好きな方にはバレンタインのシーズン限定で販売されるチョコレートビール、バレンタインパッケージされた清酒があります。

 

そのお酒のおつまみには、ハートの形が入ったさきいかだったり、ハートマーク入りのかまぼこ、ハート型のかまぼこ、ハート型の京漬物(千枚漬け)、ハート型のコロッケなどが売られています。

 

また食べ物以外でも、板チョコ型の電卓や、板チョコ型のiPhoneケース、板チョコ型のマウスやマウスパッドなどがあります。チョコレート色のファッションアイテムとかもあります。

スポンサードリンク

まとめ

今回、バレンタインで父親にプレゼントする場合、どういったものを贈れば喜ばれるか調べました。

 

あるサイトには「バレンタインデーの調査(2014年掲載)」を20~59歳の女性1000人にアンケートした結果を見てみると、義理チョコを用意する人(348人)の中で、46%の女性が父親に贈り、1000円未満で用意する人が79%いることがわかりました。また、ホワイトデーのお返しは期待しない人が72%もいました。

引用:https://woman.mynavi.jp/article/140206-44/

 

上の調査結果より、父親にチョコレートを用意する方は意外にも多いなと思いました。

 

また、8割弱の方が1000円以内のお手頃価格のものをあげていることもわかりました。その分ホワイトデーのお返しを期待していない方が多いのもうなずけます。

 

バレンタインに、父親に普段言えない感謝の気持ちなどを物やメッセージにたくしてあげるのは、とても素敵なことですね。

 

父親にとっても子供から何かもらえるのはとても嬉しいと思います。バレンタイン特集される時期になったら、ぜひお店や通販サイトなどを覗いてみてください。