アメリカのシアトル発祥の世界規模で展開されているカフェ、スターバックス(略してスタバ)は日本でもおしゃれなカフェとして人気ですよね。

 

スタバは1996年に東京の銀座に日本1号店をオープンさせて以来、ソファや照明などが落ち着いていていつまでも居たくなるようなスタイリッシュな店内、オープンテラスや店内全面禁煙やフレンドリーな接客態度のスタッフにより人気を博しており、2013年には国内で店舗数が1000軒を超えました。

 

スタバはオーダーの仕方が独特です。初めてスタバを利用する方はどのようにオーダーすればよいのか戸惑うかもしれません。

 

そこで今回スタバ初心者の方向けに、スタバでのメニューの頼み方や、サイズやカスタマイズの仕方について、スマートにオーダーする方法を紹介します。

スポンサーリンク

スタバの頼み方(オーダー)ドリンク、カップサイズを決める!

そんなスタバに私も初めて入店したときは、他人がオーダーするのを聞いたときは何やら長々と横文字を言っているなと感じました。

 

でも実際はドリンク名とカップのサイズを言っているだけなのです。そこでドリンク種類とカップのサイズについて説明します。

1、ドリンクの種類を決める

●コーヒー…ハイクオリティのアラビカ種のコーヒー豆を使った定番の飲み物。代表的なのは「ドリップコーヒー」。

 

●エスプレッソビバレッジ…エスプレッソを完璧に抽出したものを使った飲み物。代表的なのは「スターバックスラテ」(エスプレッソビバレッジの中で一番人気)。他に甘い飲み物では「カフェモカ」、「キャラメルマキアート」などがあります。

 

●フラペチーノ…季節を問わず楽しめるフローズンな飲み物。ベーシックなのは「コーヒーフラペチーノ」。コーヒー入りフラペチーノの他にコーヒーなしフラペチーノ、例えば「抹茶クリームフラペチーノ」があります。

 

●ティ―ビバレッジ・その他…ストレートティ―、ティーラテの他、ココアや100%ジュースなどの飲み物があります。

*季節限定の飲み物もあります。

 

○キッズビバレッジ…12歳以下のお子様向けドリンクです。ミルク・ココア(ホット/アイス)があります。紙パックのアップルジュース・オレンジジュースがあります。ペットボトルのフルーツミックスジュースもあります。

2、ドリンクのカップのサイズを決める

●Short(ショート)…240ml(ホット)、300ml(アイス)

●Tall(トール)…350ml

●Grande(グランデ)…470ml

●Venti(ベンティ)…590ml

カップの大きさがいまいちピンとこない時は、レジのスタッフに、カップの実物を見せてくれませんかと尋ねれば、実物を見せてくれるはずです。それでこれが良いとお好みのカップを指させば伝わります。

3、自分好みにカスタマイズする

スタバは自分好みでカスタマイズすることできます。

 

例えば、レジでオーダーするときに「デザート感を出したい」と思ったら…チョコレートチップ(+税抜50円)を追加する。

 

●豊かな味わいにしたい…ホイップクリームの追加(+50円)、バニラシロップの追加(+50円)、キャラメルシロップの追加(+50円)、ヘーゼルナッツシロップの追加(+50円)、チョコレートソースの追加、キャラメルソースの追加。

 

ミルクがダメな方、カロリーを気にしている、温度調整…ミルクは低脂肪タイプや無脂肪乳(ノンファットミルク)や調整豆乳(ソイ)(+50円)、アーモンドミルク(+50円)に変更できます。またフォームミルクの調整、や温度調整でエキストラホットかライトホットと選べます。

 

●コーヒーの味をより味わいたい…エスプレッソショットの追加(+50円)、コーヒーの増量(+50円)。

 

●カフェインを気にせずにコーヒーを味わいたい…ディカフェに変更する(+50円)。

自分好みにカスタマイズできるので楽しみが無限大ですね。

4、コンディメントバーにて

オーダーした飲み物をスタバのスタッフから受け取ったら、さらに自分好みにカスタマイズできるバーがあります。そこには次のようなものが用意されています。

 

  • (コーヒーやティーに加えるための)ミルク…ポーションミルク、ミルク、無脂肪乳があります。
  • 砂糖…コーヒーシュガー、グラニュー糖、パックシュガー、ダイエットシュガーがあります。
  • パウダー…シナモンパウダー、バニラパウダー、ココアパウダーがあります。
  • シロップ…はちみつ、ガムシロップがあります。

スポンサードリンク

オーダー時に必要最低限訊かれること

イートインorテイクアウト…店内で飲むのか、持ち帰るのかをまず言いましょう。これはファーストフード店でも訊かれますね。ただ、店内で飲みたいのに、混雑時は席が空いてない場合があります。レジに行く前に空席の確認をしてから行きましょう。

 

アイス又orホット…ホットではエキストラホットかライトホットかも選べます。真冬にテイクアウトするのであればエキストラホットにすると冷めにくいですね。

 

カップサイズは…ショート、トール、グランデ、ベンティサイズから選びましょう。

 

ドリンクの名前は…一番重要な項目です。メニューの中から自分が飲みたいものを選びましょう。

 

カスタマイズは…カスタマイズしなければオーダーも短く終わります。やってみたいカスタマイズがあれば、あらかじめメモをしておくといいかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

今回スタバの頼み方とサイズ選び、オーダーする方法について解説しました。

 

スタバのオーダー方法は独特ですので、初心者の方は戸惑うかと思います。

 

まずメニューの豊富さです。コーヒービバレッジ系、エスプレッソビバレッジ系、フラペチーノ系、ティーやその他の飲み物などあります。

 

さらにカップのサイズは4種類ありますが、小さいものから順にショート、トール、グランデ、ベンティとあります。

 

最低限、サイズと飲み物の名前を言えば普通に注文できると思います。

 

次にカスタマイズしたい場合は、スタバのオーダーに慣れるまでは、事前にメモしてからオーダーするのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。